チョロQ入庫日記



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シトロエン クサラ WRC 2005 S.ロウブ & サービストラック









 ミスタークラフトからシトロエンクサラWRCです。真っ赤なサービストラックが欲しかったので、2005 S.ロウブのノーマルタイプとのセット物のみを入手しました。
 この2005 S.ロウブにはウエザリング仕様があります。
 他に2006 S.ロウブが2種あります。
 チョロQ学園のすみやさんも書いていますが、S.ロウブのほうは、車軸をずらしている?せいかボコボコいいながら走ります。さすがWRC仕様なのか!?
極微な印刷はいずれも従来通りの完成された仕上がりとなっています。

 2006年08月 2,520円 ミスタークラフト

↓ポチッ

スポンサーサイト
  1. 2006/08/31(木) 22:52:01|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

ひっこし王日通トラック





 日本通運の北海道地区限定でのプレ品2006年版。
 日通の北海道限定トラックは4種が既出。いずれも非売品。
 宅急便利用スタンプ、引越し依頼等でもらえました。
 今回はひっこし王のキャラクターがカーゴ両サイドに印刷されています。いつものとおり良い出来です。
 電話番号154022は、「ひっこしオーにっつう」だそうです。

 2006年01月 非売品 北海道

↓ポチッ

  1. 2006/08/30(水) 20:46:06|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

富山ライトレール ポートラム









富山ライトレールのポートラム
第2弾として、TLR0602 オレンジ と TLR0604 イエローグリーンが発売されていました。
前作と同一金型の色違いでかわいらしいデザインは不変です。
第1弾は、TLR0601 レッド と TLR0606 ブルー。
全7色の内残るのは、イエロー、グリーン、パープルです。
コンプリートしたくなるシリーズとなりました。

 2006年08月 1,050円 富山県

↓ポチッ

  1. 2006/08/29(火) 20:05:39|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

JRバス関東 メガドリーム







 JRバス関東の第9弾は、NEOPLANの第2弾です。
 初弾(2002年)がメガライナーと呼ばれていたのに対して今回はメガドリーム
 金型は同一ですがイメージカラーの青が藍色っぽくなり、「MegaDreamのロゴ」、フロントガラスに「JR関東バス」のLED表示、背面の文字等が増えました。
 初弾との違いは上記3段目の画像で確認できます。
 どちらも MADE IN CHINA で両者ともとても良い出来だと思います。

 2006年08月 2,000円 茨城県

↓ポチッ

  1. 2006/08/28(月) 21:31:06|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河北新報かほピョンバス





 河北新報のキャラクター「かほピョン」のラッピングバス。実車も無いのでしょうし全シールでもあるのであまり注目されることもなかったかもしれません。
 販促品かとも思っていましたが、新聞販売所で予約販売した形跡があります。
  
 2006年06月 735円 宮城県

↓ポチッ

  1. 2006/08/27(日) 20:50:25|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HELLO KITTY ジェイ・アール北海道バス



06P8190022.jpg

残念ながらチョロQに非ず。
ちびっ子サイズのプルバックです。

札幌駅地下街の旅行社で扱っています。

2006年08月 1,000円 北海道

↓ポチッ

  1. 2006/08/26(土) 11:56:48|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青函連絡船八甲田丸






 語りつぐ青函連絡船の会から青函連絡船第4弾の「八甲田丸」です。実船?は青森市に保存されています。
 第1弾が「摩周丸」、第2弾が「青函連絡船キット」、第3弾が「羊蹄丸」でした。
 現存する青函連絡船で残るのは、長崎に保存されている「大雪丸」です。チョロQ化されるのは時間の問題でしょうか。

 道南への出張のついでに函館駅2階の「いるか文庫」に行って購入してきました。
 ご依頼を受けた分は間違いなく確保しました。近日中に発送します。
 
 2006年08月 1,000円 北海道
 
 

↓ポチッ

  1. 2006/08/24(木) 23:45:50|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ANAウッディージェット





 ANAのUSJ(ウニバーサル・スタジオ・ジャパン)仕様「ウッディージェット」です。
 主翼のJA8357がウッディージェットの実機ナンバーです。
 ただし実機はB767-381なのでいわゆるこの金型のようなジャンボタイプではありません。
 エンジンも4基じゃなく2基です。
 お愛嬌のウッディーペッカーです。
 ヤフオクで入手しましたが、発売時期、価格がわかりません。
 どなたかご教授くださいませ。

200?年?月 ?円 ANA
  1. 2006/08/22(火) 20:58:33|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

帆船日本丸





 
 帆船日本丸(1930-1984)は横浜市のみなとみらい21地区に静態保存されています。
 この「太平洋の白鳥」がその名の通り華麗にチョロQ化されました。
 最も特徴的な帆は、ぷよぷよ感のあるスチレン系エラストマーなる材質で一枚一枚丁寧に作られていています。この帆の作りが全体のデフォルメと調和がとれていると思います。お気に入りの一台です。
 それにしても4輪を付けた船のチョロQは、祭りの山車、仮装行列、DLのアトラクションを連想してしまうのは私だけでしょうか。

2006年04年 1,000円 神奈川県


↓ポチッ

  1. 2006/08/21(月) 20:42:45|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タカラトミー株主優待2006








タカラトミーになってからはじめての株主優待品で、100株~1000株未満の株主用トミカ(トヨタプリウス)とチョロQ(タカラトミーバス)です。
 どちらにも「TAKARA TOMY」のロゴを印刷した特別限定品ですが、バスは実車があるのでしょうか?
 株主じゃないのでヤフオクでお手頃価格で入手しました。

2006年07月 非売品 東京都 

↓ポチッ

  1. 2006/08/20(日) 17:17:09|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロレス運輸トヨタ・ダイナ 西濃運輸日野デュトロ・ハイブリッド









 トヨタ・ダイナと日野デュトロ・ハイブリッドは姉妹車であるため同金型です。
 チョロQはバスもトラックもその車種を特定しないのが通例のようです。版権の関係でしょうか。
 六健さんはミゼット、プロティア、T330、ダイナ等々「銘柄指定」のオリジナル金型で発売を続けていて頼もしい限りです。
 外箱は各社の引越用オリジナルダンボールをイメージしています。今回も細部まで気配りを感じる出来に満足です。
 プロレス運輸という引越し屋さんは北海道にはなじみが無いため実在することすら知りませんでした。

2006年08月 各900円 ㈱六健

↓ポチッ

  1. 2006/08/19(土) 17:18:09|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SLやまぐち号Ⅲ







 SLやまぐち号(C57-1)のチョロQ化は2001年3月の初弾に始まった。
 実車内での限定販売とキヨスクでの販売をマイナーチェンジを伴いながら交互に繰り返し2002年4月までに9種が世に出た。 その全容は「チョロQ大図鑑vol.4」P25で確認できる。

 2004年3月にはジェイアール西日本商事から新シリーズのC57-1が発売され(Ⅰ)、引き続き5月にも発売され(Ⅱ)、8月のJR西日本山口鉄道部版(C56)をはさんで今回の(Ⅲ)に至った。
 ところが(Ⅱ)と(Ⅲ)はともに集煙装置付のC57-1で、チョロQ本体はどう見てもまったく同一に見える。箱がピンクからブルーになっただけなのか。(画像最下段参照)
 箱のみが異なるシリーズものはごく稀にあるが、その背景が気になるところだ。(Ⅱ)が未だに販売されているのにも関わらず何故(Ⅲ)として同一品を発売したのでしょうか?
 「貴婦人」と呼ばれる瀟洒な姿に変わりはないのだが。
 
 2006年08月 1000円 JR西日本


↓ポチッ

  1. 2006/08/18(金) 22:26:19|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士サファリパーク サイバス





 富士サファリパークの第4弾はジャングルバスのうちのサイバス。トラとライオンのバスとシマウマ模様のランクルが既にチョロQになっている。
 大分県のアフリカンサファリパークではサイバスが同金型でチョロQになっている。
 いずれも実車があることで楽しさも倍増する。
 下の画像は、かつて「あらかると」に掲載した「バスの気持ち」

 2006年07月 580円 静岡県




PB230003.jpg

PB230006.jpg




↓ポチッ

  1. 2006/08/17(木) 21:20:22|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

QUNO 株主優待2003





 TKARAの株主優待として配付されたQUNOフラワー仕様の内、株数100株に対してのもの。
 1000株に対してはキューノフラワー仕様2種(色違い2個)とリカちゃんが配付された。
 ボンネット左のダッコちゃんが印象的。
 QUNOは実車の有無に関わらず多彩なボディカラーやアイデアのチョロQを世に出してくれた。
 QUNOの実車は現在(も)CQ MOTORSで扱っている?

2003年04月 非売品 TAKARA

↓ポチッ

  1. 2006/08/16(水) 20:46:44|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南極雪上車





 ふしぎ大陸南極展2006の開催を記念して発売された久々の異形チョロQ「南極雪上車」。
 平成3年から使用されている実車SM100Sは、全長7m、幅3.5m、重さ11トンで、同展に展示されているそうです。
 
 チョロQのほうは南極観測のイメージカラー?である朱色は形成色であっさり表現している。ちょっと物足りないか。
 ケースはブリスターだが、裏面にはこの雪上車のプチ情報が記されていて救われる。
 キャタはもちろん稼動しない。チョロQとしての車輪は4個付いている。
 つくづく思うのだが、JR北海道のDMV(デュアルモードビークル)の発想からすると、雪上ではキャタ走行し、アスファルト道路では車輪走行する2系統走行の先駆者とも取れるチョロQかな?
 ついでに(って何の?)南極観測船(ふじとか宗谷とかしらせ)のチョロQも出ないかな。。。
 
 2006年08月 1,000円 東京都

↓ポチッ

  1. 2006/08/15(火) 15:01:58|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

C62形蒸気機関車





 JR北海道で活躍したSL(蒸気機関車)のC62-3が北海道キヨスクから発売。
 この日本最大最強の高性能蒸気機関車が今までチョロQになっていなかったのは不思議。
 全国で49両が活躍した。
 この3号機はJR北海道苗穂工場に保存されている。
 
 連結器を可動式にして実際に連結可能にしている。2台連結することで実車さながらの重連走行を復元できる。
 かつてのSLチョロQに例のないほど足回りを含めてSL独特の複雑な造形を詳細な型押しで再現している。
 チョロQとしての車輪は4個である。
 SLチョロQ復活ののろしが上がったのか、後続も賑やかだ。
 
 2006年08月 1,000円 JR北海道


↓ポチッ

  1. 2006/08/14(月) 22:22:34|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高志観光バス





 高志観光バスのヒューマンビューデッカー(中2階バス_三菱ふそうエアロクィーンIII)がモデル。
 真っ白なボディーに黄と水色の大胆なロゴ。
 能登の爽やかな風を運んできそうです。

 が、代引き郵便はいただけないですね。(困
 
 2006年08月 840円 福井県


↓ポチッ

  1. 2006/08/11(金) 23:49:20|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超リアルサーキット Yello Hat SUPRA & Z 











 超リアルシリーズは№14(6月)、№15(7月)がともにYellow Hatであった。
 №14は、YMSのSUPRA(スープラ)。このシリーズでMADE IN TAIWANの最終品か。
 
 №15は、YMS TOMIKAのZ(ゼット)。2006年参戦車が新金型で注目の?MADE IN CHINA。
 同シリーズ既出のZに比べてサイドの彫りが鋭角に。更にリア両サイドも鋭角に跳ね上がった。06実車に忠実に従ったってこと?
 全体に色むらがあるように見えるのは気のせいにしてもマスキングの甘さは私のようなトーシローにも見抜かれてしまう。
 
 2006年06月、07月 各1,260円 超リアルサーキット

 

↓ポチッ

  1. 2006/08/10(木) 23:30:53|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊勢神宮 お木曳車





 発売元の説明ベタ張りです。
-----------------------------
 伊勢神宮崇敬会では第62回神宮式年遷宮のお木曳行事の斎行に伴い、お木曳行事参加の皆さまの新しい記念品、またお木曳行事関連の新商品として、株式会社タカラの協力のもと、オリジナルチョロQ『お木曳車』を製作し、3月1日より販売しました。

本製品は我が国の伝統行事である神宮式年遷宮の『お木曳行事』で使用される『お木曳車』を最小且つ最大限に正確な模型として、お木曳行事が永遠に続くことを願い、親しみを込め、あえて玩具として製作しました。

お木曳行事参加の皆さんの手軽なお土産として、またお木曳行事参加の思い出としてお求めいただきたいと存じます。
-----------------------------
 5月には富山県は伏木けんか山の山車までチョロQになったのですから類似ネタはまだまだありそうです。が、神をも恐れぬ所業なのか?
 
 2006年03月 900円 三重県

↓ポチッ

  1. 2006/08/09(水) 20:39:57|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

江ノ電バス レトロバス&ボンネットバス









KANAG027.jpgKANAG028.jpg

 江ノ電バスチョロQセットの第2弾は、
 旧社名(江ノ島鎌倉観光)のレトロバスとボンネットバス。
 レトロバスの方は、1971年~1985年式の日産ディーゼル PR95。
 ボンバスの方は、1956年式のいすゞ BX-95。
 (外箱裏面の説明より。)

 2003年に発売されたチョロQの方の第1弾(最下段右2枚の画像)は、当時の路線タイプとボンバス。今回のボンバスは同一モデルで同金型だが、
 ①フロントグリルの空気孔が黒塗りされている。
 ②底面(シャーシ)がクリーム色からシルバーへ。
 ③リア上部両端のストップランプ?に赤色着色へ。
等の相違点がある。

 福岡のお仲間に譲っていただきました。有り難うございました。

 2006年07月 1,600円(セット価) 神奈川県


↓ポチッ

  1. 2006/08/08(火) 21:34:11|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mercedes-Benz Cセダン& Gクラス










 購入された方もされていない方もご感想をどうぞ。。
 
 2006年07月 各1,260円 タルガ




↓ポチッ

  1. 2006/08/07(月) 20:23:46|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ノーザンファーム馬運車(第7弾&第8弾)









 ノーザンホースパークのノーザンファーム馬運車トラックタイプ2種。第7弾と8弾が各単品で同時発売。
 それぞれメタリックでかつ紺色と茶系グレーを基調にした渋目のカラーリング。この色調を初のフルタンポ印刷で完璧に仕上げている。
 6弾までの内訳は、シャトルバス1種、馬運車バスタイプ3種、苫小牧市営バスラッピング1種、馬運車トラックタイプ1種。現物を改めて確認してみるとどれもが悲しいシールぐるりんであった。
 今回は価格アップと引き換えにフルタンポとなったようだがやはりシールの比ではないなぁ。

 旭川からの帰路、道央道を札幌で乗り継ぎ千歳ICまで。R36で間もなくノーザンファーム。チョロQ購入のためにしか訪れない場所。帰りは苫小牧の市場へ脚を伸ばして大好物のカニやカンブツを仕入れて苫小牧東ICから札幌へ。運転していても日に焼ける一日であった。
 
 そうそう、このチョロQお仲間分以外にも若干余裕をもって購入してきました。ご入用の方には実費程度(1800円+送料他)でお譲りします。直メくださいませ。 

 2006年08月 各900円 北海道

 
↓ポチッ

  1. 2006/08/06(日) 22:05:45|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Mercedes-Benz Eワゴン







 タカラ時代の高額缶ものチョロQの通販を担当していたのがタルガの前身なのでしょうか。
 タカラトミーとなってもタカラトミーのチョロQの通販を請け負っている会社だと思っていましたが、このドイツパトシリーズで初めて表舞台に出てきました。ケースの裏面には「発売元 株式会社タルガ」の印刷表示。「タカラトミー」が無い!と思っていたら、小さな小さなシールがありました。「TAKARA TOMY」と後付けでした。
 これは一体どういうことでしょうか? どう見てもあとから慌てて貼ったシールとしか思えません。両社の関係は如何に?
 ともあれこのシリーズはタルガの高額セットものでしか発売されないのだとがっかりしてしばらく諦めていたそのずーっとあとになって単品発売とはどういうことなのでしょうか。
 セットモノも未だに発売(発送)されていないようですし。
 中国製の不出来は、そう思ってみてしまうから気になるのかもしれませんが、ちゃんと不具合はあります。パトランプがどう見ても曲がっています。そのほかウインドウの透明部分に指紋跡と思える汚れが目立ちます。
 でもユニークなドイツ製パト車にはついつい手が出てしまします。

 2006年07月 1,260円 タルガ
 
↓ポチッ

  1. 2006/08/04(金) 20:38:42|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TWIN OTTER 









 DHC-6-300型ツインオッター2機。同機はカナダのデハビラント社開発の19人乗り小型旅客機。青色のADK(エアー北海道)で運行していたJA8797号機は1970年製。必要な滑走路がわずか458mという機能性で道内各地の近距離航路で活躍した。翼が高翼構造のため機内からの眺めが良く函館の夜景遊覧飛行でも親しまれた。2006年3月31日の函館-奥尻路線を最後に引退した。
赤色のJA8799は1974年製。ADKに移管前のNKA(エアーニッポン)時代からのカラーを再現。利尻・礼文・奥尻の各島の脚として32年にわたり活躍した。
 チョロQとしてはもちろん最初で最後の?金型。
 愛着のある高翼双発機ではある。
 
 2006年03月 2,500円(セット価) 北海道

 
↓ポチッ

  1. 2006/08/03(木) 20:40:12|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

SKYLINE History 2000GT-B & GT-R









 オートギャラリー東京2006(7/28,29,30)でのタカラトミーブースで限定発売された。 ケンメリレーシング(ゼッケン73)
、スカイライン2000GT-BレーシングのちびっこチョロQセット。
 スカイラインファンには垂涎モノ。
 両モデルともトミカには存在しているよう。
 ケースは簡易ではあるけどこの手のちびっこQのディスプレイ用としては適しているかも。
 ただいつも思うのだけれど、箱の裏面等には実車のそれこそヒストリーを記載してくれると一層愛着が湧くというもの。
 私のような素人にもケンメリファンにも頷けるようなコメントがあっても良いのではないかと思うのですが。

 2006年07月 1,000円 オートギャラリー東京2006
 

↓ポチッ

  1. 2006/08/02(水) 21:47:13|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
チョロQ入庫日記TOPへ

プロフィール

ぷーちょろ

管理人:ぷーちょろ
住居:札幌市
性別:男性
大小:おとな
趣味:チョロQ(集める)、落語(聴く)、酒(呑む)、旅(する)

いらっしゃいませ。v(^^)v
入手したチョロQを気ままにUPします。

HOMEの「ちょろQ北海道」もよろしく♪

↓ポチッ(ブログランキングに参加中です。気に入ってくださったらクリックしてください。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。