チョロQ入庫日記



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青函連絡船八甲田丸






 語りつぐ青函連絡船の会から青函連絡船第4弾の「八甲田丸」です。実船?は青森市に保存されています。
 第1弾が「摩周丸」、第2弾が「青函連絡船キット」、第3弾が「羊蹄丸」でした。
 現存する青函連絡船で残るのは、長崎に保存されている「大雪丸」です。チョロQ化されるのは時間の問題でしょうか。

 道南への出張のついでに函館駅2階の「いるか文庫」に行って購入してきました。
 ご依頼を受けた分は間違いなく確保しました。近日中に発送します。
 
 2006年08月 1,000円 北海道
 
 

↓ポチッ

  1. 2006/08/24(木) 23:45:50|
  2. 入庫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<HELLO KITTY ジェイ・アール北海道バス | ホーム | ANAウッディージェット>>

コメント

とりあえず「大雪丸」のQ化は、同船の現在の所有者である「ソラーレホテ
ルズアンドリゾーツ」次第?(権利関係はどうなるんでしょうかね? (^^;)

あちらには書きませんでしたが、こちらは北海道の板なのでもう少し詳しく
書いておきますね。長崎に残る元「大雪丸」(ホテルシップ「ヴィクトリア」)
は現在引き取り手が無い状態で、解体処分も時間の問題?といわれています。
というのも同船は操舵室(ブリッジ)をバーに改装するなど、既に大掛かりな
改造を受けており、現役復帰はほぼ不可能になっていますので・・・。
(ちなみに他の船は連絡船廃止と同時に海外等に売却、
              もしくは既にスクラップになっています)

また、ホテルの廃業理由は長崎に係留後10年が経過しており、時期的に一
度船体をドック入りさせて船底にこびり付いたフジツボ等の除去と船体の防
錆処理や再塗装といったメンテナンス、並びに、係留場所の海底にたまった
土砂を浚渫する必要に迫られていたのですが、両方合わせて「億」単位とい
われたその費用が、現状の営業成績では回収困難だというのが主な理由です
(これに関しては今回Qになった「八甲田丸」も
              以前、似たような問題がありました)

ここからは余談ですけど、私自身は同シリーズ1弾「摩周丸」が発売された
当時、ひょっとしたらホテルがこの金型を利用させてもらって
「ホテルシップヴィクトリア」Qが出るかも?とかなんとか・・・。(^^;
  1. 2006/08/25(金) 01:55:51 |
  2. URL |
  3. 某所「担当?」 #3I5OIUF2
  4. [ 編集]

>某所「担当?」さん

ホテルチョロQというのはいただけますね。
真っ先に飛びつきます。
つて、ハウルの城のチョロQまでは。。。ですが。

私が今までに乗った大きな船はバンビューロンというコンテナライン(貨客船)18000トン程度です。アメリカ西海岸から日本、東南アジアを経由してアメリカに戻る便でした。もちろん客室は12室しかありませんでしたが豪華でした。確か香港から台湾までのあっという間の一泊二日でした。
機会があったら船旅もしてみたい今日この頃です。
  1. 2006/08/25(金) 23:12:39 |
  2. URL |
  3. ぷーちょろ #TOt4k.5k
  4. [ 編集]

一度っきり!

北海道に転勤していた頃、一度だけ
青函連絡船に乗ったことが・・1981年ころかと
何丸だったかは記憶にないのですが・・欲しくなっちゃいますね。
  1. 2006/08/26(土) 00:04:25 |
  2. URL |
  3. chyoro-bus #-
  4. [ 編集]

先日の

函館訪問→摩周丸見学以来、青函連絡船にも親近感を覚えるようになりました。やはり現物を見、そして乗ると今までとは違ってきますね。現役の頃に乗ってみたかったです。

八甲田丸ももうじき入港・・・楽しみです♪
  1. 2006/08/26(土) 22:54:17 |
  2. URL |
  3. 酔扇 #YmuuMwv.
  4. [ 編集]

>chyoro-busさん

詳しくはわかりませんが、まさに今回のチョロQシリーズ
津軽丸、八甲田丸、松前丸、大雪丸、摩周丸、羊蹄丸、十和田丸
が就航していたのではないでしょうか?
低く物悲しく発する「ボーッ」という汽笛が忘れられません。
  1. 2006/08/27(日) 21:12:52 |
  2. URL |
  3. ぷーちょろ #TOt4k.5k
  4. [ 編集]

>酔扇さん

この度も、このチョロQを販売している函館駅2Fの「いるか文庫」(語りつぐ青函連絡船の会)訪れました。
当サイトでも発売告知等でお世話になっています。
Tさんご夫妻?にお会いしお話をうかがうことができました。
連絡線のチョロQは4種類ともいまだに販売していました。最も売れ行きがよいのが酔扇さんも「乗船」された摩周丸だそうです。
八甲田丸は今ごろ紀伊半島を回ったあたりでしょうか?


  1. 2006/08/27(日) 21:22:08 |
  2. URL |
  3. ぷーちょろ #TOt4k.5k
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://poochoro2.blog28.fc2.com/tb.php/256-80dde00d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
チョロQ入庫日記TOPへ

プロフィール

ぷーちょろ

管理人:ぷーちょろ
住居:札幌市
性別:男性
大小:おとな
趣味:チョロQ(集める)、落語(聴く)、酒(呑む)、旅(する)

いらっしゃいませ。v(^^)v
入手したチョロQを気ままにUPします。

HOMEの「ちょろQ北海道」もよろしく♪

↓ポチッ(ブログランキングに参加中です。気に入ってくださったらクリックしてください。)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。